> 消費者金融の債権譲渡に関する事例

消費者金融の債権譲渡に関する事例

債権譲渡とは、債権を譲り渡すことを指します。
債権とは、返済を求める権利のことだと考えれば良いでしょう。

例えば、ある消費者金融から50万円を借りた場合に、
その消費者金融には50万円の債権が発生します。
消費者金融もビジネスですので所謂回収リスクが発生しているわけです。
個人がMYMONEYJAPANでのっている投資とか金融商品でお金を
増やすことと消費者金融が一般ユーザーに貸してお金を貸すことは
まったくもって別次元なのです。ですから取っぱぐれはなくさないと
商売にはなりません。

もちろんですが、その消費者金融は利息を上乗せして
50万円を返済してもらう事ができるわけですが、返済されないというリスクも存在するでしょう。

別の業者に売却

返済されなくなった場合には、消費者金融は様々な方法で返済を迫ると言うこともできます。
しかし、回収する能力がなければ、少しでも回収するために別の消費者金融に
売却してしまうこともあります。完全に回収できなくて50万円がそのまま損失につながるよりは、
例えば30万円を受け取る代わりに、50万円を請求する権利を譲渡すれば、
期待される最大の損失は小さくなるでしょう。

このようにして、実際の債権の金額よりも安く別の消費者金融に売却してしまうことも行われ、
これが債権譲渡と呼ばれるのです。
このようなことは合法的にも行われることですから、
それ自身に問題があるわけではありません。

実際には売却されておらず詐欺というケースも

ただ、消費者金融の債権譲渡には詐欺が存在するのも事実です。
ある消費者金融を利用しているときに、「債権譲渡されたので、
一括で返済をして下さい」という通知がきて、そしてその振込先に振り込んでしまう
という被害を受けた人がいるようです。

実際には債権譲渡がなされていなくて、振り込んだとしても元の消費者金融の借入残高は
減っていないという状態です。いわゆる振り込め詐欺の一種だとも考えられるでしょう。

ですから、債権譲渡の通知が来た場合には、それが本当に行われたのかを
確認する必要があります。まずは元の消費者金融に問い合わせをして、
債権譲渡がなされたのかどうかを確認するべきでしょう。

怪しい会社からの問い合わせなのかどうかを知るためには、
消費者センターに相談をしてみるのも良い方法です。
お金の絡むところには詐欺が多くありますから、疑ってかかることも必要となります。