> キャッシング会社によって、金利は異なります

キャッシング会社によって、金利は異なります

手元の現金が少なくなった時には頼りになるキャッシング。
現在では大手銀行の子会社が運営しているキャッシングサービスから、
独立系で運営しているキャッシングサービスまで数多くの会社が
サービスを提供しています。

ただ、サービスを提供している会社によって、
審査のスピードや融資限度額、借入金にかかる金利といった項目が
大きく異なります。

返済に直結する金利をきちんと比較する

特に返済に直結する金利については、十分に比較して借り入れされる方が良いでしょう。
キャッシングの際の金利は15%?20%が上限とされており、
この上限は利息制限法によって定められています。
15%?20%と若干の幅があるのは、借入金の金額によって適用される上限値が
変化するためです。

各キャッシングサービスを提供している会社は、
この上限を超えない範囲で自由に設定しています。
一般的に適用される数値は5%?15%と幅がありますので、
低い値を適用してくれる会社を選ぶと返済金が少なく、
負担が少ないです。

借り入れ額によっても変動する

上記のようにキャッシングサービスを提供している業者では○○%~△△%などという風に
金利が表記されていますので、消費者金融を選ぶ際の目安ともなっています。

しかし、この幅のある金利設定がどのように適用されるのかといいますと、
たとえば10万円以下の小額借り入れの場合には、いちばん大きい側の△△%が適用されます。
また、100万円を超えるような大きな金額であれば、いちばん小さい側の○○%
という具合に金額によって適用される金利が異なってきますので注意が必要です。

無利息サービスが利用できる場合は期間によって利用するのがベター

また、借り入れの際に一定期間利息が発生しないというサービスを
提供している会社もあります。
この場合、実際に利息がかかってくるのは返済期間の一部だけですので、
実質的に金利が引き下げられた効果があると考えられます。

キャッシングの会社を選ぶ際には、多少他社と比較して利息が高くつきそうな
会社であっても、サービスまで含めて選択することが大事です。
また、随時キャンペーンが行われていることがありますので、
そういった情報をチェックすることも忘れないようにして下さい。